酵素断食ダイエットのやり方

MENU

たんぱく質ダイエットは栄養バランスが大切!

 

三大栄養素の一つ、たんぱく質に着目して考えられたダイエット方法として、”低たんぱく質ダイエット”と”高たんぱく質ダイエット”があります。

 

身体に必要なたんぱく質だから、正しい知識を学び、栄養バランスを考えてダイエットすることが大切です。

たんぱく質の効果効能

身体に必要な三大栄養素の一つであるたんぱく質は、体外にある髪の毛や爪、皮膚から体内にある臓器や筋肉など、身体を構成するあらゆる部分に欠かせない成分です。

 

実はたんぱく質は身体の20%ほどの構成要素となっているのです。

 

血液の流れをコントロールしたり、免疫力を高めたりすることに加えて、細胞や酵素のもと、糖尿病などの生活習慣病の予防など、たんぱく質は体内のさまざまな面で活躍しています。

 

また、たんぱく質には、植物性と動物性があり、植物性のたんぱく質はアミノ酸が不足しがち、動物性はアミノ酸がバランスよく含有しているといわれています。

 

しかし動物性たんぱく質を食べ過ぎると、脂肪分を必要以上に摂取してしまう可能性があり、生活習慣病になる危険性もあります。

 

一方で、植物性たんぱく質は、含有している脂分が少なく、体内のコレステロールを減らし、余分な栄養素を体内に蓄積しにくいという効果もあります。

 

つまり、動物性たんぱく質にも植物性たんぱく質にも、メリット・デメリットはあるため、バランスよく摂取することが大切ですね。

たんぱく質を摂取しすぎるリスクは?

鍛えている方にありがちなのが、たんぱく質が含まれるプロテインを過剰に摂取して、心臓病や動脈硬化などのリスクが増えることです。

 

たんぱく質は身体に必要な成分ですが、「過ぎたるは猶及ばざるが如し」というように、摂取しすぎるとかえって逆効果になります。

 

それを防ぐには、栄養バランスをしっかりと考えて食事することをオススメします。

たんぱく質を減らしすぎる危険性とは?

たんぱく質を摂取しすぎるとリスクがありますが、もちろん摂取しなさすぎるともっとリスクがあります。

 

例えば、たんぱく質の摂取を少なくしすぎると、ダイエットに影響する”新陳代謝の低下”などのリスクがあります。

 

筋肉量も減って、身体を動かしても体脂肪を燃焼しにくくなり、場合によっては体調不良を起こす可能性が出てきます。

たんぱく質の効果的なの摂取方法

美しく痩せるためには、たんぱく質を効果的に摂取することが必要です。

 

ここまでで説明してきたように、たんぱく質は摂取する必要があり、バランスを重視することが大切ですね。
植物性たんぱく質と動物性たんぱく質の摂取バランスは、1体です。

 

つまり20歳以上の場合、体重1キロごとに1グラムのたんぱく質を摂取するとよいことになっていて、体重が40キロの場合は、各たんぱく質を20グラムずつ摂取することがベストです。

 

ごく一部の栄養素しかとらないという過剰な摂取方法など、行き過ぎたダイエット方法は、最初、急激に痩せるかもしれないけれど、めまいや体調不良など、身体に悪影響を及ぼすリスクがあるため、バランスよく栄養素を摂取して、健康的に痩せることがポイントです。

たんぱく質を手軽に摂取する方法

ダイエットしていなくてもたんぱく質が不足気味の方が多いです。

 

3大栄養素の中で唯一のカラダを作るたんぱく質が不足すると、 髪がバサついたり、肌が荒れたり、爪が弱くなったり・・・美容の為には 外からのケアだけでなく内からのケアしっかり摂る事が重要です。

 

でも・・・ カロリーが気になる。

 

そこで、低カロリー・高たんぱくの【毎日たんぱく】を作りました。

 

使用するたんぱく質はアミノ酸スコア100で吸収が早い乳清たんぱく(ホエイプロテイン)を使用。

 

さらに、最近では美容訴求もされるグルコサミンと女性で不足気味のビタミンDを配合しました。

 

たんぱく質は全世代に必要な物。部活に励むお子様のカラダ作りやご高齢の方の健康維持まで ご家族みなさんにお勧めします。

 

味は女性に人気の抹茶ミルク味を始め苺ミルク味やミルクココア味があり、 美味しいとご好評を得ています。

 

 

【こんな方にオススメのダイエット食品】

 

・最近、髪がばさつく ・肌にハリがない ・爪が荒れる
・スポーツの為に強いカラダを作りたい ・いつまでも自立した生活を送りたい
・カロリー制限している ・食生活が荒れており糖質や脂質が多い食事になっている。

 

 

【毎日たんぱくの飲み方】
・朝食時に牛乳に溶かして。(シリアルと混ぜても美味しい)
・青汁と一緒に溶かして(抹茶味)
・運動後の栄養補給に ・ミキサーで生の野菜や果物と一緒にシェイク!

 

美容の為に十分なたんぱく質補給を【毎日たんぱく】