酵素断食ダイエットのやり方

MENU

ウォーキングはダイエットにベスト

断食と同時進行でするなら、ウォーキングがおすすめ!
ウォーキングは有酸素運動だから、体脂肪を減らすこうかがあります。
有酸素運動とは、酸素を多く取り込みながら行う運動で、多く取り込んだ酸素を使って、体内の糖質や脂肪をエネルギー源として燃焼するものです。お腹にたまった内臓脂肪を特に燃焼しやすいので、お腹を凹ませるには必須です。
本格的に取り組みたい方はウォーキング用のトレーニングウェアを購入することをオススメしますが、まずは簡単にできるところから始めることをオススメします。
ウォーキングなら、お金をかけずに自分のペースでできるから、どんな方にもピッタリです。

 

自宅や会社の1駅前で降りて、歩いてみたり、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使ってみたり、ちょっとした工夫でスグに出来ることに取り組むことが、ダイエットの成功の秘訣です。

そもそも有酸素運動ってなに?

体脂肪と酸素が結びついて、運動のエネルギーにするのが有酸素運動です。
有酸素運動とは、運動中に酸素を普段より多く取り込みながら行う運動です。体内で体脂肪が酸素と結びつき、燃焼することによって運動エネルギーに変化することです。
ジョギングは息切れしますが、ウォーキングは息切れせず気軽にできます。ジョギングは辛くて挫折することが多いことに対してウォーキングなら気軽に続けられると評判です。

なぜウォーキングなの?

ウォーキングは頑張らなくても続けられる有酸素運動ダイエットだからです。
有酸素運動はウォーキング以外にも、ジョギングやスイミングなど色々とあります。でも、お金をかけずに誰でも簡単に始められるのはウォーキングだけです。
またダイエット目的でジムに通って身体を鍛える方もいますが、金銭面や厳しいメニューなどで挫折する方が多いです。
このようにウォーキングは、場所を選ばずに0円で出来る簡単なダイエット方法なのです。

いつウォーキングするのがいいの?

空腹時がベストです。また早朝や食事前などの血糖値が下がっている時もオススメです。
有酸素運動とはいえ、脂肪がエネルギー源として燃焼するのは最大でも50%程度といわれている。もし少しでも多くの脂肪を燃焼させたい場合、血糖値が下がっている時が狙い目です。
つまり血糖値が下がっている食事前にウォーキングし、そのあとに食事をすると効率よくダイエットできます。

ウォーキング後は何を食べるのがオススメ?

野菜や果物、肉魚を食べよう!
血糖値を急激にあげないように注意!甘い飲み物は控えよう!
有酸素運動のあとはしばらく脂質の代謝が進んでいます。それを止めないように、ウォーキング後の食事は緩やかに血糖値を上げる必要があります。もし血糖値を急激にあげた場合、インシュリンというホルモンが分泌されて血糖値を下げようとして脂肪の分解も燃焼も止まってしまいます。

 

つまり、ウォーキング後は血糖値をゆるやかに上げるために、野菜や果物、肉魚をよく噛んで食べ、ご飯や盗塁などは最後に食べる(もしくは控える)ようにすると、ウォーキング効果の持続が長続きします。