酵素断食ダイエットのやり方

MENU

朝の排せつは健康に最優先

健康的にダイエットするためには、栄養を摂取することも大切だけれど、それよりもまず、身体の老廃物を排せつすることが大切です。

 

なぜ半日断食では、朝食を抜くのか?

 

断食するなら昼食や夕食でもいいのでは?と思う方もいますよね。

 

実は、わたしたちの身体にとって、朝食を抜き、午前中に何も食べないということはとても大切かつ重要なことなのです。

 

1日の時間帯のうち、夜が睡眠の時間帯なら、朝は排せつの時間です。実際に朝起きてすぐにお手洗いに行ったり、耳掃除をしたりする方は多いのではないでしょうか?

 

しかし朝ごはんをしっかりと食べなければいけないと信じている方もたくさんいます。

 

もちろん老廃物を排せつすることも、栄養をとることも、どちらも大切ですが、これらには正しい順番があります。
まず、出すことが先で、入れるのはそのあとでなければならないのに、現代人の多くはそのことに気がついていないのです。

 

前日の老廃物が残っているのに朝ご飯を食べると、身体に何が起こるでしょうか?

 

胃腸はどうなるでしょう?

 

もしあなたが、食べるからこそ排せつできると考えていたら、それは大間違いです。

 

食べ物を身体の中に入れると、いちおう便は出ますが、胃腸の中はけっしてきれいにはなりません。

 

入れすぎたから、仕方なく便の一部を押し出しているのに過ぎないのです。

 

「でも朝起きてすぐに排せつして、そのあとに朝ごはんを食べるならいいのでは?」と思う方もいますよね。

 

しかしそれでも老廃物はじゅうぶんに排せつされていないのです。

 

実は朝食を抜き、午前中は何も食べず、空腹時間を長くすることで十分な排せつが促されるのです。

 

とことん空腹になってこそ、腸の排せつ作用がほんとうに働き、老廃物を排せつすることができます。

 

だからこそ、朝ごはんを食べずに空腹状態を長時間作れば、腸を活発に働かせるモチリンというホルモンが分泌されることがわかっています。

 

また、便秘がちの人が排便はないのに朝ごはんを食べると、便はさらに出にくくなります。

 

このような便秘の場合は、排便があるまで何も食べないでいると、やがて腸が動いて、排せつできます。

 

これも空腹によってモチリンが分泌されたからです。

 

朝は排せつの時間帯であるにもかかわらず、朝ごはんを食べるから便秘になりやすいし、排せつが不十分で宿便がたまり、血液は濁ってしまい、体調を崩したり病気になったりするのです。

 

つまり午前中はしっかりと断食して、前日の老廃物を体外へ完全に排せつする必要があります。

 

そして昼と夜に栄養物を取り入れることが天地の法則にかなった物事の順序なのです。