酵素断食ダイエットの復食期とは?

MENU

復食期とは?

断食で休めた胃腸をゆっくりと元の食生活に戻すための期間です。

 

断食の後はついつい食べ過ぎてしまいがちですが、いきなり元の食事に戻すと胃腸が消化不良を起こす可能性もあります。

 

そのため1日断食したら1日かけて元の食事に戻し、7日断食したら7日かけてゆっくりと元の食事に戻すことが健康的です。

復食期の1日目の食べ方

おかゆと食物繊維の多い食材をゆでたり煮たりするだけで味をつけずに食べる。

 

物足りない場合は、漬物など薄い塩分食を食べることがオススメです。

 

またおそばや梅干しなども健康的です。

 

どの食事をするにしても、腹4~6分目にしておくことが大切です。

 

復食期の2日目以降は、食事を少しずつ増やしていっても大丈夫です。

 

でも断食を体験し「食べなくても大丈夫」だと実感できたのなら、このまま少食を続けていくことで、ダイエット効果は続き、カンタンに細身をキープできます。

復食のポイント

1.復食初日は腹6分目でおさえる
復食期にオススメの食事は「野菜スープ」です。
ゆっくり噛みながら味わうと、野菜の栄養が身体に染み渡ることを実感できます。
また野菜の煮物や炒め物もオススメです。

 

 

2.油・砂糖・塩の摂取はひかえる
肉やバターなどの動物性食品は一切NGです。
脂肪分をとりたい場合は、ナッツがオススメです。

 

 

3.食物繊維の多い食材を積極的に食べる
断食期間中だけでは体内にたまった宿便取り除けてないため、復食期には腸にやさしい食品を食べることでさらなるデトックス効果を発揮します。
オススメの食材は、ごぼう、れんこん、かぼちゃ、にんじんなどです。

 

 

4.炭水化物は少な目にする
炭水化物は繊維質の多い野菜にも入っているので、少な目でOKです。
玄米やジャガイモ、とうもろこしなどの炭水化物には確かに繊維も多く含まれていますが、これらは糖質にも変わるため摂取量は控えめがベスト!

 

 

5.カップラーメンなどの加工食品は控える
もしコンビニやレストランで食事することになっても、出来るだけ素材に近い食品を選ぶほうが健康的です。
断食でせっかく体内がきれいになったのだから、復食期に不健康なものを身体に入れるのはもったいない!

 

 

6.たんぱく質はオススメ
納豆や豆腐、豆類などの低脂肪高タンパクの食材は復食期にピッタリです。
=>おいしいたんぱく質はこちら