酵素断食ダイエットのやり方

MENU

断食中に注意すること

断食中に気をつけることは?
熱いお風呂に入らない、長時間はお湯につからないことです。また激しい運動も体力の消耗が激しいため禁物。

 

断食のオキテ
過度の断食は危険を伴います。自宅で断食する場合は特に体調に気をつけてください。

1.体調が悪いときはやらない

体力がない、痩せすぎ、通院している、疲れているなど体調が悪い方は×

2.前日に暴飲暴食、飲みすぎたらやらない

急激な食事の変化は身体に悪影響です。断食を行う数日前から、少しずつ食事の量を減らすのがベストです。

3.水分をたくさんとる

水分は人間の生命線です。断食中は特に水分をたくさんとることが大切で、1日1.5リットル以上はとりましょう。

4.ウォーキングなど軽い運動を行う

血液の循環を良くするために軽い運動がベストです。特にウォーキングはお金をかけずに手軽にできるため、すぐに始められると好評です。

5.体力を消耗しない

断食中の激しい運動や長時間のウォーキング、激しい労働はタブーです。

6.身の回りから食べ物を遠ざけること

食べ物が視界に入るとついつい食べてしまいがち。そこで断食中は、食べ物を身の回りから遠ざける、コンビニの近くを通らないなどの工夫が必要です。

7.断食後は食事を軽くする

断食後すぐに元の食事量に戻すと体調が悪化します。

 

断食後は栄養を吸収しやすい状態になっているので、暴飲暴食をするとリバウンドする可能性が高いです。

 

特に肉や砂糖類などの太りやすい食品を過剰に摂取することは注意です。

 

詳しくは復食の期間コツをご覧ください。

 

以上、断食中の注意点を7つあげました。

 

このカンタンな7つのポイントを少しでもおさえられると、断食の成功率があがります。